僕の海外ドラマ

毎日海外ドラマを観てる僕のブログです。

2018年エミー賞ノミネート作品の紹介(コメディー部門作品賞)

f:id:kaigai_dorama:20180907125238j:plain

第70回エミー賞コメディ部門ノミネート作品

2018年エミー賞の発表が9月18日に迫ってきました。

今回、エミー賞コメディー部門の作品賞にノミネートされた7作をご紹介したいと思います。

過去のノミネート作品については、こちらをご覧ください↓
blog.drama-kaigai.com
blog.drama-kaigai.com

役者志望の殺し屋を描いた「Barry」

役者志望の殺し屋を描いたダークコメディードラマ。

元海兵隊員でプロの殺し屋の主人公バリーは殺し屋としての人生に満足していない。

ある日、主人公バリーは殺しを行うため、ロサンゼルスへ行く。

そこで劇場に踏み入れて、演技クラスで演技を行うのだが、そこで人々に認められ、自身の存在場所を見つけた。

そして、殺し屋として役者を目指すことを決意する。

アメリカで2018年より放送され、現在シーズン2の作成が決定しています。

日本ではまだ動画配信されていません。期待の新作です。

アフリカン・アメリカン家庭に焦点を当てた「Black-ish」

f:id:kaigai_dorama:20180907125612j:plain

アフリカン・アメリカン家庭に焦点を当てたたコメディードラマ。アメリカで2014年から放送され、シーズン2から高い評価をうけている注目の番組です。 広告代理店で働く主人公アンソニーと医者の妻レインボーは黒人として誇りをもっていますが、子供たちはその誇りが希薄だとかんじています。 現在の多様する家族を描いています。見どころは、ブラック・ジョークです。 アメリカでは2014年より放送が開始され、シーズン5が放送されています。 残念ながら日本の動画配信サイトで配信開始されていません。配信されることに期待です。 (VPNなどのサービスを使えば、アメリカABCのHPより最新エピソードは無料で見ることができます。8/31時点では「smart DNS PROXY」を使って視聴できました。)

エミー賞からみるオススメのコメディードラマ(2010年-2017年編) - 僕の海外ドラマ

TVプロヂューサーの体験を元にしたストーリー「ラリーのミッドライフ★クライシス」

f:id:kaigai_dorama:20180906115416j:plain

TVプロヂューサーのラリー・デイヴィットの自身の体験を元にしたストーリーを擬似ドキュメンタリー風に描いたコメディードラマ。 ラリーが自らの体験を織り込んで作ったストーリーラインをもとに、基本的には出演者の即興芝居で構成されています。 これは作品をドキュメンタリー風に見せたいという製作意図によるもので、撮影においてもスタジオカメラではなく肩乗せカメラが使われています。 アメリカで2000年から放送され、主演および脚本はラリー・デヴィッド。 2011年までに8シーズンが製作され、多くの有名人がゲスト出演している。 2017年からは第9シーズンが放送開始した。日本ではAMZONプライム・ビデオにて、プライム会員は無料でみることができます。

エミー賞からみるオススメのコメディードラマ(2000年-2009年編) - 僕の海外ドラマ

女子プロの内側を描いた「GLOW:ゴージャス・レディー・オブ・レスリング」

f:id:kaigai_dorama:20180908143748j:plain

1980年代を舞台にした女子プロの内側を描いたコメディードラマ。

ロザンゼルスで女優として悪戦苦闘する主人公ルースは、ひょんなことから、

新設プロレス団体「ゴージャス・レディー・オブ・レスリング」のオーディオを受けることになる。

オーディオ会場には多くの女性もいたが変わり者ばかり。プロレスの素人ばかりの集団だが、このプロレス団体の成功はいかに。

2017年から放送され、現在第2シーズンまで放送されています。日本ではNETFLIXで視聴することができます。

スタートアップ企業の5人若者を描いた「シリコンバレー」

f:id:kaigai_dorama:20180907130043j:plain

5人の若者がシリコンバレーでスタートアップ企業を創業した、若者たちを描いたコメディードラマ。 舞台が繰り広げられるシリコンバレーが詳細に描かれていて、様々な企業もネタも出てくるのも注目です。 ギークのネタを扱うドラマとしては、「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」がありますが、「シリコンバレー」はよりギークでITよりです。 名もないプログラマーの主人公リチャードは画期的な音楽圧縮アルゴリズムを開発、それを期にスタートアップ企業を創業させ発展させていくストーリーです。 スタートアップに関心がある人にもオススメのドラマです。 アメリカでは2014年より放送され、現在シーズン5が放送されています。日本ではAMAZONプライム・ビデオにてシーズン4まで、プライム会員の方は無料で見ることができます。

エミー賞からみるオススメのコメディードラマ(2010年-2017年編) - 僕の海外ドラマ

温室育ちのお嬢様がお笑いの道に突き進む「マーベラス・ミセス・メイゼル」

f:id:kaigai_dorama:20180908143924j:plain

1950年代ニューヨークを舞台に温室育ちのお嬢様がお笑いの道に突き進むコメディードラマ。

お笑いに視点に当てているより、大人として自立していくストーリーを描いています。

1958年、ニューヨーク市に住む温室育ちの専業主婦の主人公マーベラスは、

旦那と離婚をきっかけに自暴自棄になった時に、意図せずにステージの上に。そして自分にお笑いの才能があると気づく。

1950年代のニューヨークの風俗、芸能界の裏側、ユダヤ人社会が描かれる。

第一話から高い評価を受けて、シーズン2が未配信の時点で、すでにシーズン3までの制作が決定している。

今話題の注目作で、AMAZONプライム・ビデオにて、プライム会員は無料でみることができます。

笑えて元気がもらえる「アンブレイカブル・キミー・シュミット」

個人的にNETFLIXで一番笑えて、元気がもらえるコメディードラマ。 超明るくて前向きな主人公を見ていると、どこか元気が出てくるようなコメディードラマです。少し落ち込んだときにオススメ。 「アンブレイカブル・キミー・シュミット」はNETFLIXオリジナル作品で、エミー賞コメディー部門に4年連続ノミネートしている今、イチオシのコメディードラマです。

エミー賞からみるオススメのコメディードラマ(2010年-2017年編) - 僕の海外ドラマ

今回、エミー賞コメディー部門の作品賞にノミネートされた7作をご紹介しました。

「Barry」と「Black-ish」は見ることはできませんが、他の作品はすでに視聴できます。

動画配信サイトが普及してタイムリーに海外ドラマが見れらるようになったことは嬉しいですね。